東京の鍼灸整骨なら京王線八幡山駅改札出て左に徒歩1分ニコニコはりきゅう整骨院

メニエール病

メニエール病は、耳鳴りや難聴などの症状を伴う回転性のめまい発作を繰り返す病気です。めまいが始まると耳鳴りや難聴なども起こり、めまいが治まるとこれらの症状も治まっていくのが特徴です。回転性のめまいというのは、「ぐるぐる回る」感じがするめまいのことですが、まれに「ふわふわする」浮動性のめまいが起こることもあります。

メニエール病の特徴

  • 回転性のめまい(まれに浮動性のめまい)
  • きっかけがなく突然症状が発生し、吐き気やおう吐を伴うことも多い
  • 難聴(とくに低い音が聞き取りにくい)、耳鳴り、耳閉感(耳がつまった感じ)など耳の症状が伴う
  • 耳の症状はめまいとともに現れて、ともに改善する
  • 症状が起こっている時間は、10分~数時間

メニエール病にかかった人の耳を確認すると、内リンパ水腫が見受けられます。
内リンパとは、音の振動を感じる蝸牛(かぎゅう)や、平衡感覚をつかさどる三半規管などを満たすリンパ液のことで、そこに吸収障害や産生過剰などが起こり、リンパ液が増えた状態のことを内リンパ水腫といいます。

メニエール病になった際に内リンパ水腫が起こる理由は判明しておりませんが、過労やストレス、睡眠不足などをきっかけに発症することが多いことから、何らかの関係性があるのではないかと一般的にはとらえています。
当院では全く違った見方のため、異なる治療法を用いておりますが、実績が見解を証明しております。是非ご相談ください。

メニエール病の生活習慣の改善のポイント

  • 疲れをためない(入浴、休息など)
  • 睡眠をとる
  • 適度な運動をする(有酸素運動)
  • ストレスを解消(軽減)できる方法を見つける(気分転換を図る)
  • 塩分を控える
  • 禁煙と節酒

メニエール病に対する薬物治療の中心は、内リンパ水腫を改善させる利尿薬で、補助的に漢方薬が使われることがあります。漢方薬の有効性は広く認められております。

メニエール病で用いることが多い漢方薬

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、真武湯(しんぶとう)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、女神散(にょしんさん)、柴苓湯(さいれいとう)、五苓散(ごれいさん)、釣藤散(ちょうとうさん)など

漢方の診察では、望診、聞診、問診、切診をもちいた「四診」と呼ばれる方法がとられます。患者さんの状態、日常生活のことなど、メニエール病とはあまり関係ないように思われることを伺うことや、関係のなさそうな箇所を確認する場合もあります。いずれも処方を決めるための手法です。

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-6379-8688 平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
【年中無休】

PAGETOP