東京の鍼灸整骨なら京王線八幡山駅改札出て左に徒歩1分ニコニコはりきゅう整骨院

糖尿病(血糖値対策)

鍼灸治療では、自律神経を安定させて食欲中枢を刺激して代謝を高め脂肪を燃焼させ改善の効果を促進いたします。 

糖尿病


西洋医学で血糖をコントロールし合併症や自覚症状には漢方で対応
糖尿病には生活習慣に関係なく発症する1型糖尿病と、過食や肥満など生活習慣や糖尿病になり やすい遺伝的な要素とが関係して発症する2型糖尿病があり、日本人では患者さんの9割以上を 2型が占めています。

治療の基本は、食事療法と運動療法。しかし、血糖コントロールとその持続が最も大切で、日本糖尿病学会の ガイドラインに基づき、西洋医学的に徹底的に対応する必要があります。

血糖コントロールのための薬は研究開発が進んでおり、インスリン抵抗性改善薬やインスリン分泌促進薬 食後高血糖改善薬など、多様な選択肢が広がって成果を上げています。
しかし、効果が上がらず進行してしまうケースもあり、薬の種類や量が増えることも少なくありません。 このようなときは漢方薬と鍼灸治療を実感してください。 

精神的なストレスは漢方でコントロール
糖尿病は生涯にわたり治療が必要ですが、多くの患者がぶつかる壁の一つに、心理的なストレスがあります。

とくに長期にわたる食事療法は、食べたいという欲求を抑えるため、始終イライラしてしまい、かえって過食を招くということもあります。

漢方によりイライラや不安感を軽減することで気持ちが安定し、自己管理が可能になります。
食事療法や運動の持続が、血糖コントロールの改善につながることを実感しています。

さらに漢方の強みは、未病段階でのアプローチが可能であるという点。腹間膜にたっぷりと脂肪がついてしまう内臓肥満は、メタボリックシンドロームの代表的な症状ですが、これは 糖尿病の予備軍でもあるため、つまりは未病の段階といえます。

この段階で生活改善を始めれば、糖尿病に移行することを防ぐことができます。あくまでバランスのとれた食事と適度な運動が中心となりますが、そのうえで、証に合った漢方が力を発揮するわけです。 

生活習慣病


生活習慣病とは生活習慣が原因となって発生するいろいろな病気のことです。
生活習慣というのは食事や水分のとりかた、喫煙や運動不足などのことです。がんリスクはタバコが一番多く生活習慣病の死亡原因は次のとおりです。

1.喫煙  :1.92倍
2.糖尿病 :1.64倍
3.高血圧 :1.55倍
4.メタボリック症候群 :1.48倍
5.高コレステロール血症:1.10倍


メタボリック症候郡


メタボリック症候群はおなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した 内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群)といいます。

内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。 しかも、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。 (厚生労働省、生活 習慣病) 

高血圧


40歳以上では男性の約40%、女性の約35%が高血圧と考えられています。
高血圧特有の症状はありませんが、高血圧にともないやすい症状はいろいろあります。

ほてり、のぼせ、イライラ、頭痛めまい、むくみ、肩こり、腰痛などで西洋医学では血圧を数値という面だけでとらえ、これを下げることに 力を注ぎます。そのための薬(降圧薬)には、作用メカニズムの異なるものが何種類もあります。

現在の第一選択は、血圧を上げる大本の機構をブロックする、レニン‐アンジオテンシン系抑制薬というグループ。アンジオテンシン 受容体阻害薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、直接的レニン阻害薬選択的アンドステロン阻害薬の4種類があります。

これだけで効果が不十分な場合は、カルシウム拮抗薬または利尿薬を併用するのが一般的です。数値を下げるために降圧薬が用いられます。 完全に正常値には至らず降圧剤を飲みつづけている方には漢方薬や鍼をすると正常値になります。 

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-6379-8688 平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
【年中無休】

PAGETOP