東京の鍼灸整骨なら京王線八幡山駅改札出て左に徒歩1分ニコニコはりきゅう整骨院

蓄膿症(ちくのうしょう)

副鼻腔炎は、発熱や頭痛、鼻づまり、鼻汁など、様々な症状が現れ、慢性になると鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、意力散漫、記憶力減退といった症状が現れます。
日常の生活に支障が出ることが多いのです。
一般的には、抗生物質が投与されることとなりますが、過剰投与による、胃のトラブルや、薬剤耐性(薬が効かない)が慢性副鼻腔炎の難治化になることもあると言われています。

副鼻腔炎(蓄膿症)とは

副鼻腔炎は蓄膿症とも言います。
副鼻腔の粘膜が細菌やウィルスに感染したり、ハウスダストや花粉症などのアレルギー、ストレスが原因で炎症を起こし、膿、粘液が排出されず副鼻腔にたまるのが副鼻腔炎です。

副鼻腔とは顔面骨は鼻を取り囲むようにしていくつか骨の空洞があり、これを総称して副鼻腔と呼んでいます。
副鼻腔はそれぞれ独立した部屋になっており、特に鼻腔との境界が非常に狭い穴でつながっているため、軽度の炎症でも穴がふさがってしまいます。

副鼻腔炎の原因では

副鼻腔炎には急性と慢性の2つのタイプがあります。
急性副鼻腔炎の原因は風邪に引き続いて起こるといわれます。
慢性副鼻腔炎の原因は複雑で急性炎症の繰り返しや遺伝的体質、アレルギー、鼻の粘膜が厚くなって詰まってしまう肥厚性鼻炎など様々です。
虫歯の炎症が副鼻腔にまで及んだり、飛行機や潜水での副鼻腔の気圧調節がうまくいかないことが原因になる場合もあります。

副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎の症状は風邪に引き続いて起こり、発熱や頭痛、頭重、副鼻腔痛(頬の痛み)、鼻づまり(鼻閉感)、鼻汁、くしゃみ、など様々です。
慢性副鼻腔炎は鼻閉感や粘っこい鼻汁、食べ物などの湯気の刺激で、鼻水が止まらない、においが分からないといった鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、意力散漫、記憶力減退といった症状を認めることもあり、仕事の能率が上がらなかったり、勉強に集中できないような場合があります。また、鼻汁が喉にまわり、咽喉の炎症や気管支炎が起こることもあります。

副鼻腔炎の治療

抗生物質などの西洋薬で効かない、手術をしたけど、また同じような症状が発生する、どのように治療をしていいのかわからないなといった方は、是非当院におまかせください!

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-6379-8688 平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
【年中無休】

PAGETOP