東京の鍼灸整骨なら京王線八幡山駅改札出て左に徒歩1分ニコニコはりきゅう整骨院

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、ものもらい、めばちこ

  • HOME »
  • »
  • 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、ものもらい、めばちこ

麦粒腫(ものもらい、めばちこ)は、まぶたの脂腺(しせん)や汗腺(かんせん)の急性化膿性炎症です。脂腺には、まつ毛のつけ根にある皮脂腺と、まぶたの深部にある脂腺(マイボーム腺)があります。
初期の赤みが目立たない時期には診断し辛い場合もありますが、急性の症状と圧痛点、膿点(のうてん)から簡単に診断することが出来ます。

原因は、細菌感染です。原因菌は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が多くを占めます。

症状の現れ方
まぶたの一部が赤くはれ、痛みがあり、初期には赤みが目立たない場合もありますが、指で押さえると特に痛む箇所があります。
広がるとまぶた全体が腫れ、目やにも発生し、さらに炎症が広がると白眼も赤くなります。
数日で、皮下に肉眼で見える膿が現れ、放置すると皮膚が破れてうみが出ます。
この状態が外麦粒腫(がいばくりゅうしゅ)です。

外麦粒腫に対して、まぶたの内側(裏側)に膿がたまり、破れる時も裏側が破れて膿が出るものを内麦粒腫(ないばくりゅうしゅ)といいます。
マイボーム腺の炎症で起こり、内麦粒腫のほうが、痛みなどの症状が強い傾向にあります。

外麦粒腫、内麦粒腫ともに、膿が出るとそのまま治ることが多いのですが、膿が残ると長引くこともあります。
まれには炎症が拡大し、まぶた全体や眼球周囲にまで膿がたまり(眼瞼膿瘍(がんけんのうよう)、眼窩蜂巣織炎(がんかほうそうしきえん))など、重病化する場合もあります。

一般的には抗生剤の点眼だけで治る場合もありますが、腫れがひどい場合は抗生剤や消炎薬を内服すると、普通数日で治ります。
痛みを伴いますが、膿点が存在すれば麻酔液を点眼し、針で突いて膿を出します。

麦粒腫(ものもらい、めばちこ)は、是非当院にご相談ください。
症状の根本原因である低下した免疫力の改善部分からしっかりと対応させていただきます。

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-6379-8688 平日 9:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
【年中無休】

PAGETOP